同窓会報編集委員会の報告

 本部役員会で本年年末に同窓会報(第25号)を発行する事が決定されています。同窓会員に100周年記念事業・ふるさと納税・ホームページ立ち上げ等重要な連絡をする必要があるためです。
(費用面から次期会報の前倒し発行という形をとります。)

 昨日(8月16日)母校で学校・同窓会合同の編集会議を実施しました。中村校長・高島会長を筆頭に末尾記載のメンバーが約3時間活発な意見を交わしました。会報の在り方という観点からアンケートを取ろうとの意見・臨時会報の中身の検討等具体的に話し合いました。発行を11月始めとし9月中に原稿を締め切るスケジュールになりました。
(次回会議を9月13日とし、それまでに原稿分担者が原稿を書き上げます。)

 従来会報の発行は事務局にお任せでした。学校・事務局・同窓会合同の編集会議は今回が恐らく初めてであり、画期的なことだと思います。これを機に今回出席のメンバーを中心に会報編集委員会を総務委員会の傘下に立ち上げることが決定しました。
(委員長:宮本総務委員長)

(文責 高第16回生 岡内とどむ)

出席者
学校  中村校長
同窓会 髙島、宮本、津田、岡内、木長HP委員長
事務局 松下、脇、高嶋、浜田、黒地